今日もワンクリック応援をお願いします!


人気ブログランキングへ

vol.536:小規模企業共済

中小企業経営者の
ライフプランを考える際に、
先々のリタイアメントプランに
おいて切っても切り離せない
ものの1つに小規模企業共済が
あります。

月額の掛金は1,000円から
最高7万円までの範囲内で
500円単位で設定が可能で、
途中の増額・減額も可能です。

そしてこの掛金は全額が
所得控除の対象になるため、
中小企業経営者が
可処分所得で資産形成を
行う場合には必ず加えておきたい
商品の1つです。

加入出来る経営者は
以下の条件になります。

1)建設業、製造業、運輸業、
不動産業、農業などを営む場合は、
常時使用する従業員の数が
20人以下の個人事業主または
会社の役員

2)商業(卸売業・小売業)、
サービス業を営む場合は、
常時使用する従業員の数が
5人以下の個人事業主または
会社の役員

3)事業に従事する組合員の数が
20人以下の企業組合の役員や
常時使用する従業員の数が
20人以下の協業組合の役員

4)常時使用する従業員の数が
20人以下であって、
農業の経営を主として
行っている農事組合法人の役員

5)常時使用する従業員の数が
5人以下の弁護士法人、
税理士法人等の士業法人の社員

6)上記1、2に該当する個人事業主が
営む事業の経営に携わる
共同経営者(個人事業主1人につき2人まで)

加入出来ない人の例として
次の様な方々が挙げられます。

1)配偶者などの事業専従者
(ただし、共同経営者の要件を
満たしていれば共同経営者として
加入できます。)

2)協同組合、医療法人、
学校法人、宗教法人、
社会福祉法人、社団法人、財団法人、
NPO法人(特定非営利活動法人)などの
直接営利を目的としない法人の役員など

3)給与所得者が、副業的に
アパート・マンションなどを
経営している場合

4)学業を本業とする全日制高校生等

5)会社などの役員とみなされる方
(相談役、顧問その他実質的な経営者)
であっても、
商業登記簿謄本に役員登記されていない場合

6)生命保険外務員など

7)「中小企業退職金共済制度」、
「建設業退職金共済制度」、
「清酒製造業退職金共済制度」、
「林業退職金共済制度」の
被共済者である場合

加入要件を満たしている場合においては
是非とも利用を検討したい制度です。

保険営業パーソンは
自らの営業成績にならないので
案内をしないケースや
案内を漏らすケースが多いですが、
お客様のメリットを考えると
漏らさず説明をしておく
必要がある制度です。

井上得四郎先生監修
「中小企業経営者のライフプラン」
http://amzn.to/1eWsqoo

いつもありがとうございます!
ブログランキングのバナーを
クリックして応援をお願いします。。。
http://blog.livedoor.jp/hokendesetsuzei/

■オススメ情報1)

年明けより新バージョンの
優先価格での販売をご案内します。

新バージョンは名義変更プランならびに
逆ハーフタックスプランを併記した
「ヒミツの生命保険活用法〜最終章〜」
になります。

いつも通りですが、
現行バージョン+優先価格<新バージョン
の価格設定を行いますので、
まだチェックされていない方は
お早めにどうぞ。

現行バージョンは12/25を持って
販売終了とさせて頂きます。

名義変更プランの光と影
〜ヒミツの生命保険活用法Ver4.0〜
http://kigyouhoken.net/himitsu400.html

■オススメ情報2)

飯田先生のお話は、
長年の税務調査官としての
ご経験に基づいた
現場のお話が多いので非常に
分かり易くて参考になります。

この本も非常に現場での
事例が多く、読み易い文章で
書かれているので、
税務調査について知るには
良い1冊です。

飯田真弓先生著 
税務署は見ている
http://amzn.to/18E03Et

__________________________________
編集後記

そろそろ1年も終わりが
近づいて来ました。

私の法人は1月決算なので、
そろそろ今期の収支予想を
しなければならないので、
溜まっている記帳を
進めたいと思っています。

その時にふと今年1年の
旅費交通費&研修費の
合計額をみてちょっと
焦りました(汗)

レクサスのISなら十分に
買えるくらいの出費でした(大汗)

ただ旅費交通費は
すべてビジネス目的&研修受講に
使っており、研修受講料も
ビジネスを加速させるために
「投資」したものであるので
私にとっては必要経費でありました。
(と言い聞かせておりますwww)

事実、旅費交通費&研修費の
数倍もの収入を
得る事が出来たので、
費用対効果は
それほど悪くなかったのでは?
と考えています。。。

ただ、この投資費用を
ある程度セーブして
同じ位の収入が確保出来れば
もっと効率が良いのも
事実です・・・

乗り物好きとしては、
葛藤はかなりありますが、
来年の旅費交通費は
しっかりと押さえながら
売上と某航空会社の
ゴールドメンバーを
確保したいと思います(笑)

※「企業保険ワンポイントアドバイス」は
メルマガとして平日は毎日配信をしてますので、
まだ登録をされていない方は、
コチラへご登録をお願いします。
http://kigyouhoken.net/mailmagazine.html

※法人保険営業の入門編を解説した
奥田のDVDはこちらです。
http://amzn.to/192fAgt