今、何位?バナーをクリックして順位を確認!


人気ブログランキングへ

vol.588:資金管理

「資金管理」と聞くと
銀行借入・融資申込・
小切手や手形管理を連想して
しまいます。

ところがこれらは、
資金管理の中での
一部の行為でしかありません。
資金管理の本質は
現金や小切手、預金の付け替え
などとは全く異なります。

資金管理とは運転資金・
設備資金・投資資金の持ち方と
それぞれの資金の増減傾向をつかみ、
企業経営を安定良化の方向に
進めるために行うことが目的です。

資金管理とは、
継続した経営活動における
資産の変動・負債の変動
(=資金調達の方法、条件等)を
記録管理して、
投下資本の効率向上を図ることです。

※財務革命147ページより引用

資金管理においては、
大きく3つの目的があります。

1)資金コストの低減

資金にはすべてコストがかかっています。
実質金利を下げ、支払利息を少なくし、
メーカー支払も出来る限り現金にし、
仕入コストを下げ、
資金コストを最小限にすることが
資金管理の第一目的です。

2)財務構造の安定

締日・回収日・回収条件・在庫など
資金面から企業のビジネスの進め方に
検討を加え、借金体質から自己資金中心で
回る経営を確立し、
さらに営業循環の中から余剰資金を
出せるようにしていく経営改善が
財務構造安定の目的です。

3)企業競争力の強化

借入を行えば当然ながら
金利というコストが発生します。
さらに銀行から
一定額の預金を求められます。

そうなると金利コストは
さらに上昇します。

自己資金で経営している企業と
借入中心で経営をしている企業とでは
コストが全く変わって来ます。

この差こそが企業の競争力の差
とも言えるのです。

いつもありがとうございます!
ブログランキングのバナーを
クリックして応援をお願いします。。。
http://blog.livedoor.jp/hokendesetsuzei/

■オススメ情報1)

今年の5月に新日本保険新聞社さん
主催のセミナーで講演をさせて頂きました。
その様子がDVDになって発売されています。

1部は株式会社ギブスパイラルジャパンの
南氏が賃料削減について講演をされ、
2部で私が、それらのノウハウをどの様に
法人保険営業で活用するかをお話して
おります。

1部と2部のセットバージョンと、
2部だけのセットバージョンの2種類あります。

賃料削減手法は大都市圏では
活用出来るノウハウだと思いますので
チェックしてみて下さい。

ちなみにパッケージ写真の私は
非常に恥ずかしいです(汗)

■DVD2本組み
http://amzn.to/Ifjwo6

■DVD1本のみ
http://amzn.to/192fAgt

■オススメ情報2)

中小企業経営やキャッシュフロー経営を
知る上で非常に参考になります。

この本は「週刊保険情報」で連載を
されていた内容を加筆・訂正された
ものなので非常に読みやすい1冊です。

法人開拓をしたいと思っている方や
税務・会計を学びたいと思っている方は
ぜひチェックしてみて下さい。

井上得四郎先生著
「そっかー!決算書がわかった」
〜キャッシュフロー経営のお勧め〜
http://amzn.to/19ktWNt

■奥田の出版物

私が書かせて頂いた本や
講演させて頂いたDVDを
ご紹介します。

保険営業の基本を確認するのに
役立つ情報ですのでご活用下さい。

・ここから始めるドクターマーケット入門
(新日本保険新聞社)
http://amzn.to/MTW3qq

・実践!逆ハーフタックスの教科書
(保険社)
http://amzn.to/WLRshD

・中小企業経営者のライフプラン
(ぎょうせい)
http://amzn.to/1eWsqoo
※P130からP166は私が寄稿しています

・DVD 明日から使える法人提案ABC(2枚組)
http://amzn.to/Ifjwo6

・DVD 明日から使える法人提案ABC
http://amzn.to/192fAgt

・利益繰延でなく課税されない
ヒミツの生命保険活用法〜最終章〜
http://www.dlmarket.jp/products/detail/211249

・「保険情報」で毎月1回
「法人契約獲得のケーススタディー」
というタイトルの記事を連載しています。

こちらのリンクよりお申込み頂ければ
購読料の割引特典が受けられます。
https://pro.form-mailer.jp/fms/165e9d4940758

__________________________________
編集後記

自分で言うのもナニですが、
私は結構切り替えが
早い方だと思います。

何かネガティブな事があったり
ネガティブな結果になっても

「まぁしゃーない」

と早く切り替えが出来ます(笑)

ある側面から見れば

「切り替えが早い人」

と言えますが、違う側面からみると

「深く反省をしない人」

と見えてしまいます。

事実、あまりに早く切り替えると
ネガティブな事象を深く考察して
反省をしないので、
たまに同じ失敗をする事があります(汗)

これは非常に反省すべき事だと
思いました。

この事を深く考えてみますと、
ネガティブな事を
深く考える事が苦手で
あまり考えたくないから
サラッと切り替えてしまっている
のでは?とも思いました。

ネガティブな出来事も
ポジティブな出来事も
起きた事象自体には
良いも悪いもありません。

ただ事象が起きているだけです。

起きた事象に対して
ネガティブな感情を抱く場合、
なぜこれが起きたのか?
この事象にどういう意味があるのか?
をしっかりと味わう様に
したいと思います。

昨日の東京出張で感じた雑感でした。

※「企業保険ワンポイントアドバイス」は
メルマガとして平日は毎日配信をしてますので、
まだ登録をされていない方は、
コチラへご登録をお願いします。
http://kigyouhoken.net/mailmagazine.html

今日の内容が参考になった!
という方はポチッとワンクリックを
お願いします。


人気ブログランキングへ