vol.10:傷害保険

【保険商品名】
傷害保険

【保険種別】
損害保険

【取扱保険会社】
損害保険会社 各社

【補償内容】
事故や災害により、死亡・高度障害・入院・通院をした際に補償されます。

【特徴】
傷害保険は、入院を伴わない通院でも補償されます。

労災認定無しで支払われる為、労災補償の上乗せ的な補償として加入する事が出来ます。

【ワンポイントアドバイス】
通常は、被保険者を特定して対象人数分に加入しますが、最近では企業向けにいろいろなタイプの傷害保険が発売されています。

被保険者を特定せずに人数だけを合わせる「準記名方式」や、その企業の売上高で保険料を算出する「売上高方式」などがあります。

職種によって保険料率が違う為に、人数や職種によっては「準記名方式」で加入した方が保険料は安くなる場合と「売上高方式」の方が保険料が安くなる場合とがあります。

加入される場合には、「誰に」「どの様な補償を」「どれだけ」保険を掛けたいかを明確にして、各社商品を比較検討してみて下さい。

【PR】
10年以上週3件以上の契約を挙げ続けている
プルデンシャル生命トップセールスがフル活用している、
紹介獲得の最大の武器とは!?

詳しくは、「保険営業紹介獲得の極意」をご覧ください。
http://www.infotop.jp/click.php?aid=71387&iid=13794

________________________________________

編集後記

昨年11月に洗濯機を買い替えました。

前の洗濯機は10年近く使用していた「縦型式全自動洗濯機」でしたが、故障し始めましたので思いきって最新式の「ドラム式洗濯機」を購入しました。

ところが、「ドラム式洗濯機」では「縦型式」と洗い方が違う為に、十分に洗えません。

その為か、特にタオルなどはニオイがついてしまい、常に生ゴミの様なニオイがしていました。

妻が洗剤や水の量を変えたり、洗い方や1回に選択する量を変えたり10ヶ月近く工夫をしましたが、一向に改善されません(涙)

我慢の限界を超えた為、メーカーのテクニカルスタッフに来て貰い、洗濯機を点検。。。

点検の結果は「異常なし」でした。

それでは納得が出来ず、購入した家電量販店に返品のクレームを入れたところ、あっさりと認めて貰えて無事に返金を受けました。

そして購入した「ドラム式洗濯機」の5分の1の値段で「縦型式全自動洗濯機」を購入しました(笑)

高い製品=良い製品、でない事を痛感した出来事でした。

良い製品=自分に合った製品、であり最新の商品であっても自分に合っていなければ全く意味がありません。

保険商品などはその最たる商品だと思います。

保険会社や保険代理店が勧めてくる商品が自社にあった商品かどうかは、本当に見極めなければなりません。

勧められるがままに保険加入をするのではなく、しっかりと情報収集を行い、納得が出来る保険商品を是非探して見て下さい。