vol.619:営業活動の基準と遵守

あらかじめ作成した
販売計画を達成する事は
営業活動において
大前提となりますが、
資金繰りにおいては、
債権回収を100%行っているかどうかが
非常に重要になります。

債権回収が100%行えているか
どうかをしっかりと補足する
必要があります。

在庫の持ち方と回収の状況により
運転資金の状況が決まります。

営業活動においては、
単に受注を取る事だけでなく、
回収・支払・在庫に関する
明確な基準が必要になります。

そのためには、

1)回収に関する基準とルール

2)支払に関する基準とルール

3)在庫に関する基準とルール

この3つの基準とルールを
営業担当者が正しく認識し、
日常の得意先との交渉にあたり、
営業度旅行で確実に
実行させてゆく事が、
自己資金中心の経営に
切り替える基礎となります。

いつもありがとうございます!
ブログランキングのバナーを
クリックして応援をお願いします。。。
http://blog.livedoor.jp/hokendesetsuzei/

■オススメ情報1)
取扱が出来る保険会社が
減って来ている
逆ハーフタックスプラン
ですが、このプランの
強みと弱みは法人保険営業パーソン
であれば押さえておくべき
ポイントの1つです。

新規訪問先で加入しているケースや、
税理士との対話の中で
保険のプロとして、
このスキームは知っておくべき
内容の1つです。

今後、税務ルール改正の
噂も絶えないですが、
まだメリットがあるスキームで
あるのも事実です。

提案・検討・導入される場合は
是非とも短い期間にしておく方が
無難でしょう(笑)

実践!逆ハーフタックスの教科書
http://amzn.to/WLRshD

■オススメ情報2)
すでにご案内をしております

「税理士が語る逓増定期保険の
名義変更プランと活用法」セミナーですが、
東京会場は定員に近づきつつあります。

定員に達しましたら締め切りと
させて頂きますのでご容赦下さい。

なお大阪会場はまだ余裕があります。
ただこちらも東京会場が満席になると
次第に埋まる可能性がありますので
お早めにエントリーされることをおすすめします。

セミナーに関する詳細は
コチラをご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/hokendesetsuzei/archives/51925166.html

■奥田の出版物

私が書かせて頂いた本や
講演させて頂いたDVDを
ご紹介します。

保険営業の基本を確認するのに
役立つ情報ですのでご活用下さい。

・ここから始めるドクターマーケット入門
(新日本保険新聞社)
http://amzn.to/MTW3qq

・実践!逆ハーフタックスの教科書
(保険社)
http://amzn.to/WLRshD

・中小企業経営者のライフプラン
(ぎょうせい)
http://amzn.to/1eWsqoo
※P130からP166は私が寄稿しています

・DVD 明日から使える法人提案ABC(2枚組)
http://amzn.to/Ifjwo6

・DVD 明日から使える法人提案ABC
http://amzn.to/192fAgt

・利益繰延でなく課税されない
ヒミツの生命保険活用法〜最終章〜
http://www.dlmarket.jp/products/detail/211249

・「保険情報」で毎月1回
「法人契約獲得のケーススタディー」
というタイトルの記事を連載しています。

こちらのリンクよりお申込み頂ければ
購読料の割引特典が受けられます。
https://pro.form-mailer.jp/fms/165e9d4940758

__________________
編集後記

今日から通常営業に戻られた方も
多いと思いますが、GWはゆっくりと
休まれましたでしょうか?

私も4連休のうち3日間は
あまりPCに向かうこともなく
ゆっくりとリフレッシュしました。

特に会社員を辞めてからは、
曜日に関係なく仕事をしてしまう
傾向が強いので、
キチンと休んで
リフレッシュする事も重要ですね。

次にまとめて休むのは
夏期休暇ですので、
ここまでは全力疾走出来るだけの
充電がしっかりと出来ました。

これからどんどん
暑くなりますので、
体調と心の管理をしっかりとして
仕事に臨みたいものです。