Vol.686:なぜ信託なのか?

ここでそもそも

「なぜ信託なのか?」
「信託をなぜ取り上げたのか?」

という事について
書かせて頂きます。

以前にご紹介をしている
河合保弘先生のセミナーを
受講させて頂き、
私自身初めて信託というものを
学びました。

その率直な感想を申し上げれば
「これは使える」と思いました。

相続と言うと、税対策に
目がいきがちです。

保険営業パーソンにとっては
相続税対策は保険ニーズに
直結するテーマだからです。

ですが、私が今まで対応してきた
経営者や資産家の方々は、
税対策も重要な
テーマではありますが、
どちらかと言えば
ご自身の意志を死後に
どうやって伝えていくか?
という事にご興味がある方が
多くいらっしゃる様に思います。

もちろん保険という
金融商品を活用すれば、
意志を上手く伝えて行く事は
出来ますが、限界があります。

例えば、

・障がいを抱えたお子様が
一生困らない様にしたい

・内縁の配偶者に対して
確実に財産を渡したい

・自分は経営者として
事業が継続出来ないが、
子供には事業を渡したい

・自分が死んだ後も
最愛のペットの面倒を
最後まで見て欲しい

などといったニーズは
保険だけでは対応する事は
不可能です。

これら委託者の想いを
実現させるのが
「民事信託」という手法です。

詳しい事は専門家に任せれば
良いのかも知れませんが、
お客様のあらゆるニーズを
ヒアリングさせて頂く
保険営業という立場においては、
知っておくべき手法の1つであると
私は思いました。

まだまだマイナーな
財産管理手法である
信託について、
私自身も学びながら
解説を続けて参りますので
よろしくお願いいたします。

<参考図書>
本メルマガを執筆するにあたり
参考にさせて頂いている書籍を
ご紹介しておきます。

■河合 保弘 著
願いが叶う!想いが実る!
究極の財産管理ツール
民事信託超入門
http://amzn.to/ZfsLfy

■オススメ情報1)

逆ハーフタックスも
逓増定期の名義変更も
現時点においては
最強の可処分所得増大プランと
言って良いと思います。

しかし販売側がしっかりしないと
トラブルになるのも事実です。

両方のプランを解説した
伝説のレポートを期間限定で
販売をしております。

詳しくはコチラを
ご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/hokendesetsuzei/archives/51939279.html

■オススメ情報2)

私が言うまでもありませんが、
相続対策と生命保険は
切っても切れない関係にあります。

ただ生命保険は、私が思っている以上に
税務的には奥行きが深い商品です。

保険料負担者が誰か?
もっと言えば
「実質的な」保険料負担者が誰か?

このアレンジを行うだけで、
無限に活用術が見えて来ます。
相続税務に徹底的に
生命保険を活用するには
聞いておいた方が良いセミナーです。

詳しくはコチラをご確認下さい。
http://www.fortezza.co.jp/seminar/item_388.html

__________________
編集後記

以前に師匠より紹介された本

イン・ザ・ブラック
継続的な黒字企業つくる9つの原則
http://amzn.to/1bediRH

に書かれている事が
経営の本質であると最近痛感をしています。

簡単に言えば、良い会社の定義とは
「マーケティング」
「プロダクツ」
「アカウンティング」
がバランスよく充実している
会社であるという事です。

良い製品を持って
正しい会計システムを持っていても、
そもそも製品を売る市場が
なければ何の意味もありません。

良い製品を持っていて
市場を持っていても、
不正経理や使途不明金などがあったり、
正しい会計システムで
企業の財務状況が瞬時に
把握が出来なければ
良い会社とは言えません。

ふと気が付くと、
今年に入ってから私は、
3つの法人を経営していました(笑)

その3法人を経営していて
本当に痛感しているのは
「マーケティング」
「プロダクツ」
「アカウンティング」
をバランスよく伸ばす事が
重要か?という事です。

正直に申し上げて、
ある法人は「マーケティング」が弱く、
ある法人は「プロダクツ」が弱いです。

なかなか3法人ともに
すべてバランスよく「良い法人」に
する事は難しいですが、
やるしかないので
試行錯誤の連続です(笑)

最近、経営者の諸先輩方と
お話をしていて感じている雑感です。

もう今年も残り2ヶ月半になりました。
やるべき事は山積みですが、
無駄に焦る事なく正確に、
そして迅速に対処していきたいと思います。

この本、オススメです。

イン・ザ・ブラック
継続的な黒字企業つくる9つの原則
http://amzn.to/1bediRH