Vol.695:受益者連続型信託

受益者連続型信託とは、
信託設定段階において
何代も先の受益者候補を
当初の委託者が設定する
信託制度です。

これは従来の遺言や
民法上の相続制度では
できなかった事が
出来るようになったので
かなり画期的な信託と
言えるでしょう。

この受託者連続型信託を
活用すれば、親から子だけでなく
その孫やひ孫へと財産を
渡していく「家督相続」的な
方法が可能になります。

通常の遺言制度では、
前にも解説しましたが、
親から子への遺言は
効力がありますが、
その孫へ承継するには
子が孫(その子)へ
遺言を書く必要があります。

これが確実に履行されないと
当初の親の想いは実現する事が
できませんでした。

これが受益者連絡型信託を
活用する事で家督相続的に
財産を譲り渡す事が
出来る様になった点が注目されています。

上手く活用すれば、
老舗の様に
代々の長男が
ずっと事業と関連財産を
引き継ぐ事が出来ます。

詳細な手続きや
設定方法は専門家に
譲るとして、
家督相続が出来るという点は
先祖代々の土地を
守ってきた資産家や
老舗企業のオーナーには
朗報なのではないでしょうか?

<参考図書>
本メルマガを執筆するにあたり
参考にさせて頂いている書籍を
ご紹介しておきます。

■河合 保弘 著
願いが叶う!想いが実る!
究極の財産管理ツール
民事信託超入門
http://amzn.to/ZfsLfy

■オススメ情報1)

何度か告知をしております
篠崎先生のセミナーは
今月いっぱいで受付を終了します。

赤字法人への保険提案だけでなく、
会計事務所との連携にも使える
ノウハウですので、
法人保険営業を行う人(志す人)は
絶対に聞いておいた方が良い
内容と言えるでしょう。

私も東京・名古屋で受講予定です。
詳しくはこちらをご確認下さい。
http://blog.livedoor.jp/hokendesetsuzei/archives/51943984.html

※まだエントリーをされていない方は
お早めにどうぞ。

■オススメ情報2)

「週刊 保険情報」で昨年より
月1回連載を書かせて貰っていますが、
お読み頂いておりますか?

「週刊 保険情報」は私だけでなく
井上得四郎先生や籾山修悦さんの
医療法人攻略、渡辺文憲さん、
牧野克彦さんなど錚々たる方々が
連載を書かれていますので、
かなりおすすめです。

他の読み物も非常に内容の濃い業界紙
ですので、まだ購読されていない方は
この機会にどうぞ!

「週刊 保険情報」の購読は
コチラよりお申込み頂くと
奥田特別割引が適用されます。
https://pro.form-mailer.jp/fms/165e9d4940758

__________________
編集後記

話題の新型SNS「tsu」をご存知ですか?

「tsu」
https://www.tsu.co/korokoji

面白そうなので登録しましたが、
すごい勢いで伸びていますね。

通常のSNSは
広告主からの広告費を
本部が総取りなところ、
このSNSは
本部とユーザーで
シェアするというものなのですが
そのコンセプトに共感した人が
集って爆発的に拡がっています。

 
 
どれくらい爆発的に
拡がったのかというと、
開始1ヶ月以内で
100万ユーザーを超えました。

 
FACEBOOKが10か月、
TWITTERが24か月かかっているので
超圧倒的な速さと言えます。
 

 
次に、登録ユーザーの
盛り上がり方もすごいです。

 
まず、毎日夕方に
自動的に報酬が発生するので
それをチェックするために
ログインする人多数です。

 
そして、その人たちは、
いいねやシェアなど
アクションするので
総登録人数に対して、
アクティブユーザー数が多いです。
 

 
さらに、友達申請や投稿や
シェアをたくさんしても、
アカウント停止などのペナルティがなく
むしろ友達も報酬も増えていくので、
ガンガン使う人多数です。

 
そのため、全くの無名の人でも、
わずか1週間で友達1000人に
なっていたりして、
無料で、ネット友達を増やしたり
見込み客を集めたりするには、
今一番手堅い方法になっています。

 
見込み客集めと考えると、
今や1人300~500円相場なので
1000人だと30~50万円の
価値なのですが、
それを完全無料でわずか
1週間で手に入れられるのです。
 

しかも、広告費を払うのではなく、
なんと分配金がもらえるので
なかなか面白い仕組みですし、
他のSNS使っていても
お金もらえないところ
「tsu」だと、
お金までもらえてしまうのです。
 

 
というわけで、
「TSU」は今後さらに
爆発的に伸びること間違いないので
傍観していた場合には、
お早めに登録することを
お勧めします。
 

アカウント登録は
こちらよりどうぞ。

「tsu」
https://www.tsu.co/korokoji