Vol.697:事業信託

信託法の改正により、
事業を対象とした信託が
出来るようになりました。

この事業信託は、
非常に面白いスキームだと
個人的には思っています。

例えば、
委託者をA社
受託者をB社
受益者をA社
というような信託を
設定したとします。

このようにする事で、
A社の一部(または全部)を
B社に引き継ぐ事が出来ます。

この際に債権・債務も
同時に引き継ぐ事になります。

これは実質的には
「M&A」と同じで、
後継者が不在、
または後継者が幼い等の
事情で事業継続が
困難な場合には活用出来る
スキームです。

通常のM&Aとは違うのは、
信託制度は止める事が
出来る点です。

一定の段階で信託を
解除すれば、元に戻す事が
可能です。

経営者に万が一のことが
あった際の対応や、
将来的に事業承継へ
影響がある場合には、
使えるスキームでは
ないでしょうか?

<参考図書>
本メルマガを執筆するにあたり
参考にさせて頂いている書籍を
ご紹介しておきます。

■河合 保弘 著
願いが叶う!想いが実る!
究極の財産管理ツール
民事信託超入門
http://amzn.to/ZfsLfy

■オススメ情報1)

渡辺文憲さんの本
「富裕層の悩みを生命保険で解決する」
がAmazonで取り扱いを
再開しました。
 
渡辺さんが実際に対応された
富裕層向け保険提案事例が
山盛りでメチャクチャ参考になる
素晴らしい本です。

読まれた方々はみなさん、
「これは本当に素晴らしい本ですね」
とおっしゃっておられます。
 
保険営業パーソンなら
絶対に読んでおくべき
1冊ですのでご紹介しておきます。
http://amzn.to/1ykVagh

■オススメ情報2)

大阪で今、非常に話題なっている
鈴木和宏先生が書かれた
こちらの本もオススメです。

相続対策の基礎知識
〜生命保険活用編〜

鈴木先生の書籍は
難しい事を出来る限り分かりやすい
表現をされるように
工夫されていますので、
読みやすくてオススメです。

こちらもAmazonで取り扱いが
ありますので、ご注文は
Amazonよりどうぞ!

http://amzn.to/134mnuc

__________________
編集後記

昨日、神戸で食べ過ぎて
飲み過ぎた事もあり
体調がかなり悪いです(汗)

食事と体調には因果関係があり、
食べたものを消化するのに
エネルギーを消費するので、
食べ方を間違えると
非常に疲れます。

逆に言えば、
正しく食べていると
疲れにくく健康的な
生活が出来ます。

そのことは十分
わかっているので食事には
気をつけているのですが、
昨日はリミットを
超えてしまいました・・・

非常に反省をしている次第です(汗)