vol.761:本勘定5勘定

★────────────★
今日のキーワード
「本勘定5勘定」
★────────────★

<解説>

以前のメルマガで
運転資金の解説を行いました。

※バックナンバーはこちら
http://blog.livedoor.jp/hokendesetsuzei/archives/51954270.html

この運転資金を計算する際に
出てくる勘定科目の5つこそが
経営の根幹をなす
「本勘定5勘定」になります。

それぞれを簡単に解説します。

・売掛金
取引先に商品やサービスを
提供して、
まだ代金を回収していない
売上高が「売掛金」です。

この売掛金を、迅速かつ
確実に回収することが
資金繰りの改善に繋がります。

保険代理店で言えば、
契約は成立したが
まだ手数料が入金になっていない
ものが売掛金になります。

・受取手形
上記の売掛金のうち、
支払代金として
受け取った手形で
まだ期日が到来していない
ものが受取手形に計上されます。

手形は決済サイトが
長いのが特徴ですので、
この受取手形はゼロか
極力少ないのが理想です。

なおこの受取手形は、
決済日までに取引が倒産すると
現金化できなくなりますので
取引先の与信管理が
重要になります。

・在庫
仕入れた商品や原材料で
出荷せずに残っているものが
在庫になります。

在庫は定期的な棚卸しにより
現状の残高を把握して
数量・金額に狂いがないかを
確認する必要があります。

我々、保険営業における
在庫の定義は、
セミナーや本・教材で得た
知識や情報でしょうか?

せっかく勉強して得た
知識や情報も
活用しなければ「不良在庫」と
言えるでしょうから・・・

残りの勘定科目については
長くなりましたので、
明日に引き継ぎます。

。:*:★━オススメ情報1━★:*:。

4月20日に大阪で
少し面白いセミナーでお話をします。

財務コンサルタント協会の
山岸さんとのコラボセミナーで
内容はズバリ
決算書を読み解いて保険提案を
行うセミナーです。

山岸さんも私も実際の決算書を
持ち寄って事例に基づき
解説を行います。

しかも事前に事例の
決算書を配布して、
参加者に考えていただいた上で
ご参加を頂く形式をとります。

詳しくはこちらをご確認ください!

決算書を基にした法人保険販売手法セミナー
http://kmo-150420.peatix.com/

。:*:★━オススメ情報2━★:*:。

私がメルマガを基本にした
ビジネスモデルを構築する
きっかけになったのが、
川島和正氏のメルマガです。

今は販売終了しましたが、
彼の教材を購入し
繰り返し学び実践した事が
いまに繋がっています。

当時の教材は購入出来ませんが、
彼のメルマガは
非常に参考になる内容が満載です。

登録は無料ですので、
もしよろしければ下記リンクより
ご登録してみてください。

http://directlink.jp/tracking/af/481279/SjDLuuUB/

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

今日から4月です。
今年も早くも3ヶ月が過ぎました。

月日が経つのは
本当に早いですね。

日々やるべきことが多いと
それに流されて気がつくと
あっという間に時間が
過ぎてしまいます。

時間という限られた
資源をいかに使うか?

そのためには何をして
何をしないのか?

時間管理に
意識しすぎることなく
自分の感情や意識に
意識を集中させて
行動して参ります。