vol.768:取締役

★────────────★
今日のキーワード
「取締役」
★────────────★

<解説>

取締役とは、
すべての株式会社に
必ず置かなければならない
機関である。

取締役は株主総会で選任される。
選任にあたっては定足数として
株主の議決権の過半数か、
三分の一以上の割合を
定款で定めた場合にあっては、
その割合以上にあたる
株主の出席が必要であり、
その出席した株主の議決権の
過半数で決せられる。

取締役の員数は、
原則として1人以上であればよい。

任期は、選任後
2年以内に終了する
事業年度のうち
最終のものに関する
定時株主総会の終結の時までである。

解任は、いつでも
株主総会の普通決議によって
解任することができる

(Wikipediaより抜粋)

取締役の特徴としては
会社法330条の規定により
会社との関係は委任関係に
あるという点であり、
Wikipediaからも引用しましたが、
株主総会の普通決議によって
いつでも解任する事が出来る
という点です。

社員のような雇用の関係であれば
簡単に解任(解雇)はできないが
取締役については、
簡単に出来てしまいます。

。:*:★━オススメ情報1━★:*:。

第一部で冒頭に
お話されている井上先生の話が
非常に印象的です。

「法人向け生保販売で
大事なことは
最後まで面倒をみることである。

税務的にも最後まで
面倒を見る必要がある。

保険販売のモラルで
もっとも重要な事は
金融庁のルールではなく
人間的なことである。

嘘をつかない
裏切らない
逃げない」

最近、私も何度も
聞き返しているセミナー音声です。

http://wp.me/P57CEn-3t

なお2015年5月末までの限定で
ご購入者の方でご希望される方には
全日本保険FP協会の中級資格
「法人保険マイスター(DFP)資格」
の認定につきまして試験免除で
受けられる特典をご用意しております。

※クレジットカードでのお支払いに対応しております。

。:*:★━オススメ情報2━★:*:。

最近、中小企業経営者と
話をしていてよく思うのは、
銀行取引について
一定の知識があると
いろいろと面白い情報が
聞き出せるという事です。

いままで銀行取引について
全く知りませんでしたが、
この分野について勉強し、
情報収集する事で法人経営者に
対して提供できる情報に
厚みが出た様に思います。

銀行取引は保険に直結やすい
テーマでもありますので、
このDVDもチェックしておいた方が
良いですよ!

http://amzn.to/1HgK3tg

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

昨日は大阪で
たちばなはじめさんの
セミナーを受講しました。

初めてたちばなさんの
お話を聞きましたが、
あの情報が広く伝われば、
多くの経営者や多重債務者が
自殺をせずに済むと思いました。

ただ、ご本人もセミナー中に
おっしゃっておられましたが、
なかなか伝わらない、
伝えにくい情報である事も
事実です。

たちばなさんの活動や情報を
何らかの形でご支援したいものです。

一人の経営者として、
またその痛みと苦しみが分かる
一人の人間としてそう思いました。