vol.772:逓増定期保険

★────────────★
今日のキーワード
「逓増定期保険」
★────────────★

<解説>

法人保険販売の中では
非常にメジャーな
逓増定期保険について
解説をいたします。

その名の通り
保険金額が一定割合で
「逓増」する
定期保険です。

保険期間経過に応じて
保険金額が増えても
支払保険料額に
変動はありません。

そのために途中で
解約した場合には
多くの返戻金があるのが
特徴です。

法人で契約した際に
支払う保険料については、
契約年齢と保険期間によって
全額損金から
1/2損金・1/3損金・1/4損金に
区分されます。

返戻率が高くなおかつ
保険金額に対する保険料は
非常に高額になるのと、
比較的短期間で
返戻率のピークが来ますので
法人における課税の繰延として
活用される事が多い商品です。

ただ非常に奥深い商品で
各種の活用術が考えられます。

・払済→復活による損益調整

・失効の活用による
ピークアウト対策

・名義変更による資産移転

・他保険へのコンバージョン

なお逓増定期を活用する際は
多少面倒でも、保険証券を
細かく分割しておくことを
オススメいたします。

。:*:★━オススメ情報1━★:*:。

5月より新日本保険新聞さんで
連載を持たせて頂きます。

院長夫人との対談形式で
クリニック側からみた
保険営業パーソンを含む
出入り業者がどう見えているのか?
クリニック経営の実態について
書いて参ります。

ご存知の方も多いですが、
新日本保険新聞生保版は
井上得四郎先生のコラム
「直言」や
鈴木善和さんの
代理店経営に関するコラムなど
業界情報だけでなく
読み応えは十分です。

もしまだ
新日本保険新聞生保版を
購読されていない方は、
下記リンクより
お申込み頂ければ、
月額講読料定価2,150円を
「奥田割引」1,650円に
なりますますので
よろしければご利用下さい!

https://pro.form-mailer.jp/fms/36c908a774996?hc_location=ufi

。:*:★━オススメ情報2━★:*:。

第一部で冒頭に
お話されている井上先生の話が
非常に印象的です。

「法人向け生保販売で
大事なことは
最後まで面倒をみることである。

税務的にも最後まで
面倒を見る必要がある。

保険販売のモラルで
もっとも重要な事は
金融庁のルールではなく
人間的なことである。

嘘をつかない
裏切らない
逃げない」

最近、私も何度も
聞き返しているセミナー音声です。

http://wp.me/P57CEn-3t

なお2015年5月末までの限定で
ご購入者の方でご希望される方には
全日本保険FP協会の中級資格
「法人保険マイスター(DFP)資格」
の認定につきまして試験免除で
受けられる特典をご用意しております。

※クレジットカードでのお支払いに対応しております。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

今、金沢へ向かう
在来線特急の中で
メルマガを書いています。

新幹線や飛行機と違って
非常に揺れるので
かなり辛いです(汗)

大阪から東京の2時間半は
じっくり仕事が出来ますが、
大阪から金沢への2時間半は
揺れが激しいので
仕事どころじゃないですね(汗)