vol.774:みなし相続財産

★────────────★
今日のキーワード
「みなし相続財産」
★────────────★

<解説>

相続関係のキーワードで
よく耳にするのが
「みなし相続財産」という
言葉です。

何かわかったようで
よく分からない言葉ですが、
「みなし相続財産」とは
一体何なのでしょうか?

簡単に言えば、
相続発生時(死亡時)には
財産としては無かったが
亡くなった事が原因で
相続人が相続する事が出来る
財産のことを言います。

詳細には相続税法3条に
規定がされていますが、
抜粋すると以下のものが
「みなし相続財産」になります。

・生命保険金

※被相続人が契約者で、
受取人が指定されていた場合、
指定された受取人固有の財産
という扱いになるため
相続財産にはなりません。

・死亡退職金

※受取人が被相続人に
指定されている場合は
相続財産となります

・弔意金

・被相続人の死亡日から
3年以内に贈与された財産

※死亡日より3年以内に
受取った財産は、
相続財産と“みなす”ため、
「みなし相続財産」となります。

詳しくは相続税法3条をご確認下さい。
http://goo.gl/zj5sM9

。:*:★━オススメ情報1━★:*:。

先日、院長夫人と対談をした
5月号の記事を
新日本保険新聞社へ送りました。

編集長からも、
「非常に面白い内容で
今後が楽しみです。
よろしくお願いします。」
と評価を頂けました。

もしまだ
新日本保険新聞生保版を
購読されていない方は、
下記リンクより
お申込み頂ければ、
「奥田割引」が適用されますので
よろしければご利用下さい!

※クレジットカードの対応も
しております。

https://pro.form-mailer.jp/fms/36c908a774996?hc_location=ufi

。:*:★━オススメ情報2━★:*:。

経営者が興味のあるテーマのうち
銀行取引については
鉄板のネタと言えます。

無借金経営をしていて
銀行が大嫌いという経営者には
通じないかも知れませんが、
大半の企業においては
融資等で銀行と取引があります。

融資時の格付けなどの
詳細までは知っておかなくても
よいですが、ある程度の
知識を持っておけば
経営者とのコミュニケーションは
スムーズに取れるでしょう。

あと家系図を使った法人開拓手法も
要チェックですので、
気になる方はコチラのDVDをご参照ください。

http://amzn.to/1HgK3tg

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

18日の土曜日に
金沢で開催しました
NPO法人全日本保険FP協会の
初級資格講座が終了し、
全国ツアーが無事に終了しました。

ご参加を頂きました皆様、
ありがとうございました。

おかげさまで会員数は
170名近くになり、
会員の税理士先生も10名を
超えて参りました。

ですが、まだまだ赤字で
運営は非常に厳しい状況です。

つきましては、
5月以降も継続的に各地で
認定講座を開催しますので、
まだ参加をされていない方は
この機会にご参加を
検討して頂ければ幸いです。

 
もし皆様の周囲や社内・同僚の方々で
5名以上集まって頂けるのであれば
私(奥田)がお伺いして認定講座を
個別開催させて頂きます。

 
日時や料金・場所などは
個別にお打ち合わせを
させて頂ければと思いますので
お気軽にお問い合わせ下さい。

 
もちろん全国各地へ参ります(笑)

 
NPO法人全日本保険FP協会の活動に
ご理解とご協力・ご支援を頂きますよう、
今後ともお願い申し上げます。