vol.778:売掛金

★────────────★
今日のキーワード
「売掛金」
★────────────★

<解説>

決算書の粒度資産に計上されている
「売掛金」は非常に重要な
勘定科目である事は何度か
解説をしてきたので、
ご認識されている方も多いと思います。

経営における本勘定の1つである
「売掛金」はどのようなものか?を
解説したいと思います。

通常、商品を販売した際に
その場で現金を受け取れば
売掛金は発生しません。

ところが企業間取引においては、
その場ですぐに現金授受を
行うケースはほとんどなく、
多くの場合においては
一定期間内の取引合計額を
請求して振込みをするという
取引です。

例えば4月の1か月間に
納品した金額を月末で〆て
請求書を発行し、
翌月末に支払をしてもらう
という流れになります。

この請求額が支払われるまでは
「売掛金」として請求金額が
残る事になります。

この売掛金が経営上、
重要な科目である理由は
以下の通りです。

・売掛金の回収いかんによって
資金繰りに大きな影響を与える

・売掛金は、販売価格であり
仕入価格に利益が付加されている。

そのために売掛金は、下記の点に
注意をする事が必要です。

・そもそも正確に正しい金額が
計上されているのか?

・売掛金を計上している得意先の
経営状況に問題はないのか?
→きちんと請求金額を期日に
支払って貰えるのか?

売掛金の回収が企業経営を
左右することになりますので、
非常に重要な科目であると言えます。

。:*:★━オススメ情報1━★:*:。

来月で収録してから2年になりますが、
今、改めて見直すと
今でも法人向け保険販売の基礎編で
お話している内容と全く同じです。

法人開拓における基本的なポイントは
何も変わっていません。

法人向け保険販売に対する
心構えを学びたい方は是非とも
チェックしておいてください。

そんなに難しい話はしていませんから、
お気軽にご覧いただけると幸いです。

明日から使える法人提案ABC
http://amzn.to/192fAgt

。:*:★━オススメ情報2━★:*:。

・養老保険を期間延長した場合の
税務上の取扱いは?
・名義変更後の解約返戻金の課税は?
・保険契約を減額した場合の処理は?
・失効時の経理処理は?
・終身医療保険の短期払いの税務は?
または名義変更後の取扱いは?

井上得四郎税理士が
DFP認定講座の中で解説している
保険税務はなかなか面白いですし
参考になります。

詳細はコチラをご確認下さい。
http://wp.me/P57CEn-3t

なお2015年5月末までの限定で
ご購入者の方でご希望される方には
全日本保険FP協会の中級資格
「法人保険マイスター(DFP)資格」
の認定につきまして試験免除で
受けられる特典もご用意しております。

※クレジットカードでのお支払いに対応しております。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

非常に悩み多き4月です(笑)

岐路に立たされている感が満載で、
右に進むのか?
左に進むのか?
立ち止まるのか?
後戻りするのか?
選択を迫られている状況です。

悩ましいですが、
一歩を踏み出して変えないと
何も変わりません。

いよいよ決断が必要の様です。

どうなるか誰にも分かりませんが、
自分自身の進むべき道は
自分自身で決めたいと思います。

意味不明な編集後記ですみません。
自戒の念を込めて書きました。