vol.785:債務者・債権者

★────────────★
今日のキーワード
「債務者・債権者」
★────────────★

債務者とは、
特定人(債権者)に対して、
一定の給付をなすべき
義務を負う者の事を言います。

債務者の反対は
「債権者」になります。

債権者とは
特定人(債務者)に対して、
一定の給付をなすべきことを
請求出来る者を言います。

法人保険営業をしていると
設備投資や運転資金のために
金融機関から借り入れを
行ったのは良いですが、
業績悪化に伴い返済や資金繰りに
困っている企業に
出会う事があります。

もしくは既存のお客様より
生命保険契約の解約について
申し出があり、理由を聞くと
業績悪化で保険料が払えない
というケースもあります。

営業やマーケティングの
観点で考えれば、
資金繰りに困っている法人は
ターゲットにはならないのかも
知れません。

ですが、資金繰りに困っている
経営者(債務者)を
自己破産や自殺から
守り助ける方法があるという事を
頭の片隅に入れておいて下さい。

私がゴチャゴチャ書くよりも
コチラのサイトを見ていただく方が
早いと思いますので、
詳しくはコチラのサイトをご確認下さい。
http://tachibanahajime.net/

。:*:★━オススメ情報1━★:*:。

6月のセミナーでお話しを頂く
事業承継をした元経営者との
打ち合わせの中で
良い保険営業と悪い保険営業に
ついての区別について質問をしました。

年商規模が数十億の
中堅企業元経営者は
少し面白い事をお話しされましたね。

6月のセミナーでは
トークセッションにて
この辺りのお話しも
聞いてみたいと思います。

経営者からみて
良い保険営業パーソンの
定義とは?

ご興味のある方は
ぜひご参加ください!

http://peatix.com/event/85556/view

。:*:★━オススメ情報2━★:*:。

5月末までの期間限定で
特別に全日本保険FP協会の
資格認定要件を緩和しています。

音声ファイルとレジュメを
購入して頂き、
自主学習をして頂いた方へ
初級資格と中級資格の
試験免除を実施しております。

法人保険販売について
体系的に本格的に
学びたい方は是非ともチェック
しておいてください。

・初級資格
法人保険アドバイザー(BFP)資格

※5月末まで特別価格で販売中です。
http://wp.me/P57CEn-3E

・中級資格
法人保険マイスター(DFP)資格
http://wp.me/P57CEn-3t

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

先日、訪問をしました
法人にて面白い設計書を
見せて貰いました。

長期平準定期の設計書の中に
年数ごとの推移が出ている
表が面白かったです。

通常表示されているはずの
解約返戻率が表示されておらず
税効果を加味した
「実質返戻率」のみが
表示されていました。

こんな設計書で
「節税になるから」
との説明を受けて
それを信じて契約を
されていました。

う〜ん、こんな効果は
全くないのですが(汗)

こんな「詐欺手法」で
法人保険の営業をしている
ヤツが存在すると思うだけで
腹立たしいですね。

さて、どのように着地を
させるのが良いか
頭がグルグル回っています。

なかなかやりがいのある案件です(笑)